我がナンピンと損切りの生涯

不足するとされる年金2000万円を稼ぎ出せ。しがない会社員のFX10万円チャレンジ記録

FX依存症者によるポジポジ病の傾向と対策

私は、FX依存症者である。自らのトレードを振り返る度に、つくづくそう思う。

 

無限に上下動を繰り返すチャートを見つめていると、つい気分が高まっていって、その気は1ミリもなかったのに、気がつくとポジションを持ってしまっている。

 

これは、よくない。

 

指標発表やニュース速報などボラティリティの高まった場面で、あのヌメヌメと動き回るローソク足を見ていると、その気は一切なかったのに、気がつけばポジションを持ってしまっている。

 

これも、よくない。

 

持ったポジションがロングなら「上がれ上がれ」とつぶやいている自分を発見するし、ショートポジであれば「下がれ下がれ」と念じている自分を発見するのである。

 

まったくもって、本当によくないだろう。

 

いくら私がしがない会社員兼副業トレーダーとはいえ、FX市場という弱肉強食の世界で戦っている1人の戦士である。だからこそ、事前にきっちりとルールを定め、ニュースを読み、チャート分析をしては、ラインを引くなどをする。

 

戦いに出る前の準備は、儀式のようにして厳かに執り行われる。こちとら、年金2000万円がかかっているのだから、簡単に負けるわけにはいかないのである。

 

しかし、である。

 

きっちり事前準備をしたにも関わらず、なんとなくスマホを開き、なんとなくチャート画面を眺めていると、なんとなくポジションを持ってしまっていることが度々あるのであった。

 

ちなみに、「なんとなく持ったポジ」というものは、往々にしてクソポジである。それで勝とうが負けようが、結局のところ「クソポジ」であることには変わりないだろう。

 

もちろん未熟者の私でも、光り輝くポジションを持つことは片手で数えられるほどにはあった。その時のポジを振り返ってみると、やはり事前戦略をしっかり練った上で入ったポジであることは間違いない。

 

ここで1つの疑問が生まれてくる。

 

戦略通りに戦いを進められる光り輝く私と、気がつけばクソポジを買っている私は、同じ私である。この落差は何なのか、と。

 

素朴な疑問を解決すべく、さまざまな文献を紐解きつつ、グーグル先生にまでお伺いを立てた結果、おぼろげながらも原因がわかってきたのはつい最近のことである。そう、きっと私にはこの病理が起きているのだ。

 

『ポジポジ病』

ポジポジ病とは、相場に関係なくトレードを頻繁に繰り返してしまう状態を病気として表した言葉。ポジとは「ポジション」の意味で、常にポジションを保有し、トレードに参加していなければ不安になってしまう人間心理です。

             「トレーダーブログsakuranpost」より引用 

 

上記の通りで、私にはこの「ポジポジ病」というものが起きているらしい。意外にも多くのトレーダー、とりわけ初心者に多いようであるし、百戦錬磨の億トレーダーであったとしても嵌ってしまう罠であることからも、これはなかなか、一筋縄ではいかない病理であるといえよう。

 

ポジポジ病は、己の欲望に起因していて、内側から蝕んでいく。まさに「獅子身中の虫」といったところだろう。

 

結果として、FX市場からの退場を余儀なくされることになる。そして私は、なんとしてでも、退場だけは避けねばならない。だから、この病理を克服する必要があった。

 

では、どうするのか?

 

ググればどこにでも書いてある解決策で、読者の方には申し訳ないが、ここはやはり基本に立ち返るべきであるはずだ。

 

戦場に出る前の準備をしっかり整えること。事前にきっちりとルールを定め、ニュースを読み、チャート分析をし、ラインを引くなどをする。

 

そしてそれを守るということだ。

 

それでも万が一、「なんとなく」ポジションを持ちたくなったら、そのためのルールも作っておくとよいだろう。イレギュラーを想定しない手は、ない。大半の人間が退場に追い込まれ、飛んでいく恐ろしい世界なのだから。ルールから外れてしまったときの、ルールを設定しておくに越したことはない。

 

「メルトダウンはありえない」

 

「全電源喪失はありえない」

 

などと、声高に喧伝されていたにも関わらず、原発が爆発してしまう時代である。ルールから外れてしまった時の対応を想定していなかったが為に、福島原発事故はその深刻さを増したのである。

 

「ありえない」ことを事前にシュミュレーションしておくこと。万が一でも、起きた時の対応を考えておくこと。これがこそがガバナンスであるし、リスク管理というものではないだろうか。

 

これはそのまま、FXトレードにも有効であるだろう。だから私は、ルールを定めることで、なるべくポジポジ病が発症しないようしつつ、それでも発症してしまった時のルールを設定しておこうと思う。

 

ルールから外れた時のルールを作ること。

 

これが、今の私が考えうる最善のアイデアである。

 

今日のブログは、ずいぶんと長くなってしまった。最近の、あまりのクソポジの多さに、自ら辟易していたのだろうか。まあ、いいだろう。副業トレーダーではなく副業ブロガーとして言わせてもらえば、SEO的に文字数を稼ぐことができたのであるから

 

それでは最後に、本日の証拠金情報を晒して終わりにしたい。

 

f:id:babibabyloniafx:20200213230212p:plain

 

まったく、おそろしいことである。

 

ここ2日でずいぶんと証拠金を削られ、正味6000円を超える損失となった。。証拠金10万円に対しての6Kは大きい。悔しさがこみ上げてくる程に、大きいのである。

 

幾度となく、かすり傷程度で逃げられる場面があった。にも関わらず、この有様である。もちろん、反省は尽きない。しかし言い訳はやめておこう。これまでそうであったように、この負けもきっと私を強くしてくれるはずだから。

 

本日の証拠金 101,443円

不足する年金まで −19,898,557円